Wood, Stone

& Fire

ウッド ストーン 

& ファイヤ

    Home Improvement Services 

   & Wood-Burning Specialties

 

By Peak Home Builders

 ピーク ホーム ビルダーズ

製作費用の話

 

既製のストーブとちがい、1台1台が設置される場所の状況やお客さんの希望に応じて個別に設計されるので、金額が大きく変わります。

ヒーターの炉(ヒーター・コアと呼ぶ)自体は構造は基本的に同じで、それを囲む外壁の仕様がバラエティに富みます。 また最終的な仕上げもさまざまです。  

 

 

 

                                   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耐火レンガで構成される、コントラフローのヒーターの炉心 コアと呼ばれれ、これはどのヒーターも基本は共通

② コアをフェーシングと呼ばれる、2層目の蓄熱体(赤レンガ・ブロックなど)で覆い外壁を作る

③-A フェーシングを仕上げ材で仕上げる 

 写真はカラー漆喰で仕上たヒーター

②-B ①のコアをアンティークレンガ外壁を組み、それを自体を仕上とする  

     ※ Heater by Marcus Flynn

③-B 仕上げを板状の石で仕上げたヒーター 

仕上がったヒーターの写真でもお分かりいただけるように、表面仕上げだけでなく、ヒーターに張り出し部を作ってその内部に煙を循環させることで自体を暖める、ヒーテッドベンチも非常にポピュラーです。 つまり、最終的な形状やデザインはさまざまです。  

 

そこで、施工例を挙げて、参考費用を説明したいと思います。

 

ケースA 既存住宅に③-Aの漆喰仕上げヒーターを設置した場合。

 

  ・基礎: 既存床をくり抜いて、鉄筋コンクリ基礎を打設             ¥150,000

   ・ヒーター本体: オーブン付、 漆喰とアクセントレンガ             ¥1,650,000

    ・オプション: ウッドベンチ                          ¥20,000

    ・煙突: 部材+工事:2F床、トタン屋根抜き、φ150二重管、突端断熱管    ¥450,000  

   合計                                    ¥2,270,000

 

 

ケースB 新築住宅に③-Bの石貼り仕上げヒーターを設置した場合。

 

  ・基礎: (基礎工事で、ヒーター位置の基礎を作る増工事分)                  ¥50,000

   ・ヒーター本体: オーブン付、 石貼り仕上げ                       ¥2,100,000

    ・オプション: フロントベンチ、ウッドボックス                                              ¥100,000

    ・煙突: 部材+工事:瓦屋根抜き、φ150二重管、突端断熱管                 ¥480,000

      合計                                     ¥2,730,000 

 

 

ケースC 既存住宅のメタルストーブからメイスンリーヒーターへ入れ替えした場合。 (写真右)

 

  ・基礎: 土間につき工事不要                             ¥0

   ・ヒーター本体: オーブン付、 漆喰仕上げ                           ¥1,620,000

    ・オプション: サイドヒーテッドベンチ、レンガ煙突                                                    ¥80,000

    ・煙突: 既存煙突との接続用に部品追加                                                                 ¥60,000

      合計                                      ¥1,760,000  

※消費税別途、また、遠方の場合は交通費、滞在費などの経費実費がかかります。

  

 

  

 

 

 

煙突について: 

*屋根の形状、屋根の材質等によって変動いたします

*煙突は雨を考慮した日本仕様の断熱二重煙突を適宜使用致します